都市調査研究グランプリ

第13回都市調査研究グランプリ(CR-1グランプリ)

応募受付期間:2022年4月1日(金)~7月29日(金)

・主催…公益財団法人 日本都市センター
・後援…総務省・全国市長会

内容の詳細は、「募集要項」をご覧ください。 応募にあたっては「応募用紙」をご使用ください。 応募用紙へのご記入にあたっては、「応募方法及び記入にあたっての注意事項」をご参照ください。

概要及び目的

当センターでは、全国の都市自治体で行った調査研究や都市自治体職員が自主的に行った調査研究を募集し、特に優秀な事例を表彰する「都市調査研究グランプリ(CR‐1グランプリ)」を、2010年度から実施しています。
表彰された事例は、当センターHP及び機関誌『都市とガバナンス』で紹介し、広く調査研究事例を共有し、全国の都市自治体やその職員の調査研究能力の向上に寄与することとしています。

応募資格

都市自治体
都市自治体職員(自主研究グループを含む)
当センターHPの都市シンクタンクカルテで公表する機関(団体)

応募対象

    1. ①政策基礎部門(都市自治体の政策課題について調査分析、比較検討、考察を行うものであって、学術的研究を含む)
    2. ②政策応用部門(都市自治体の課題やその解決手法について調査分析し、主に中長期的な観点から政策や計画への反映をめざすもの)
    3. ③実務部門(都市自治体の課題やその解決手法について調査分析し、短期的に施策や事業への反映をめざすもの)

    ※選考の過程で、当センターが、ご応募いただいた調査研究の部門を変更することがあります。
    内容は発表・未発表を問いません。ただし、調査研究の成果物の完成時期が2020年4月以降のものに限ります。また、前回以前のCR-1グランプリに応募のあった調査研究は対象外とさせていただきます。
    他市に例がない特色ある手法や内容、先進的な事例の応募は大歓迎です。分野を問わずお気軽にご応募ください。

    選考

    当センター研究室が応募研究から学識経験者と共に選考を行います。
    ※公正な選考を行うため、選考者は非公開とさせていただきます。

ページTOP