調査・研究

分権社会の都市自治体条例に関する研究会

1.調査研究の趣旨

約20年間にわたって進められてきた地方分権改革では、住民に身近な行政は、できる限り住民に最も身近な行政主体である基礎自治体が担うものとし、各基礎自治体が地域における行政を自主的かつ総合的に実施することにより、住民が豊かさを享受できる社会を実現することが目指されてきた。事務権限についてみれば、機関委任事務の廃止をはじめとして、権限移譲や義務付け・枠付けの緩和など、基礎自治体の事務権限及びその実施に係る裁量が拡大しつつある。都市自治体は、地域の特性やニーズを踏まえながら、こうした一連の改革によって拡大した権限及び裁量を活用していくことが期待される。

そこで、自治立法権・法令解釈権のより積極的な活用を後押しするため、さまざまな政策分野と先進的な都市自治体条例などを踏まえつつ、分権社会において地域住民が豊かさを享受できる社会を実現するために重要と考えられる、条例による法律の具体化、上乗せ、横出し、上書きの可能性と限界を検討する。さらに、分権改革の今後の進展に向けて、法律の規律密度や国・都道府県・市町村の事務分担の見直しも含めた、法律と条例の関係についての将来的な提言を行う。

 

2.調査研究の概要

学識経験者及び都市自治体職員からなる「分権社会の都市自治体条例に関する研究会」(座長 北村喜宣 上智大学法学部教授。以下「研究会」という。)を設置し、調査研究を進めることとした。研究会では、以下の検討事項について調査を行うこととしている。

 

<主な検討事項(予定)>

①現行法のもとでの自治立法権・法令解釈権

②法律と条例の関係についての将来的提言

 

 

3.研究成果の公表

本調査研究の成果をまとめ、2021年9月に報告書を刊行する予定である。

 

4.テーマに関する先行研究<過去の調査研究>

自治体法務・政策法務に関する調査研究(1998~2000年度)

地方分権改革が都市自治体に与えた影響に関する実証的研究(2003~2004年度)

行政上の義務履行確保等に関する調査研究(2005年度)

5.研究会委員名簿

座 長 北村 喜宣 上智大学法学部教授
委 員 飯島 淳子 東北大学大学院法学研究科教授
礒崎 初仁 中央大学法学部教授
小泉 祐一郎 静岡産業大学情報学部教授
岡田 博史 京都市行財政局資産活用推進室長

(2019年5月現在)

研究会開催状況

開催日 議事次第・配布資料 議事概要
第12回 2021年1月7日
15:00~17:00
議事次第
スケジュール(案)
議事概要
第11回 2020年12月25日
16:00~18:00
議事次第
スケジュール(案)
議事概要
第10回 2020年10月29日
15:00~17:00
議事次第
論点メモ
スケジュール(案)
議事概要
第9回 2020年9月29日
15:00~17:00
議事次第
論点メモ
スケジュール(案)
議事概要
第8回 2020年7月7日
15:00~17:00
議事次第
事務局からの話題提供
スケジュール(案)
議事概要
第7回 2020年6月16日
15:00~17:00
議事次第
論点メモ
スケジュール(案)
議事概要
第6回 2020年1月23日
15:00~17:00
議事次第
論点メモ
スケジュール(案)
議事概要
第5回 2019年12月26日
15:00~17:00
議事次第
スケジュール(案)
議事概要
第4回 2019年10月23日
13:00~15:00
議事次第
論点メモ
検討対象法令(案)
スケジュール(案)
議事概要
第3回 2019年8月9日
14:00~16:00
議事次第
論点メモ
スケジュール(案)
議事概要
第2回 2019年7月18日
18:30~20:30
議事次第
論点メモ
検討対象法令(案)
スケジュール(案)
議事概要
第1回 2019年6月17日
18:00~20:00
議事次第
座長・委員名簿
研究会の全体方針について
議事概要
ページTOP